単語から、言葉から、生み出される・・・それが物語。。

二次作品を中心とした、詩やSS(と言っていいのか分からないほど短いもの)、会話集を載せていきたいと思います。
基本的に散文詩やフレーズが多いです。
あと描写なしの会話だけの文とか。
ちゃんとした(?)小説はサイト『蒼流夜音』で公開してますので、よろしければいらっしゃって下さいね。

プロフィールのところにこのブログの簡単な説明がありますので、よければご覧下さい。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
2008年弥子誕【ヒヤコ】
「もう明日だってのになんで決まらないんだ・・・。」
三月。旧暦で言えば既に春であるはずだが初旬はまだまだ寒くて──もちろん一月や二月に比べると少しは暖かいのだが──それが東京ならなおさらだ。
そんな季節のちょうど境とも言える三月九日。
匪口はショッピング街を一人でふらふらしていた。
忙しい仕事の合間を縫って街に繰り出しているのだ、もちろん優雅にウィンドウショッピングと言う訳ではない。
「食い物・・・、なら喜ぶのは喜ぶんだろうけど、なんか違うよなあ。」
この一週間、匪口は暇さえあれば街へ繰り出し愛しい彼女のためのプレゼント探しに時間を当てて来たのだが、まず何を買っていいのか分からない。
そもそも他人に心から愛されると言う経験が匪口は明らかに不足していた。生まれた時こそ望まれて生を受け、愛されていたと言う可能性も無くはない。だが、少なくとも自我が芽生え始めた頃には子供に向けられるべき両親の愛のベクトルはもはや現実に向いてはいなかったのだ。
つまり、誰かのために誕生日プレゼントを買うと言う経験が匪口にはほとんどなかった。そんな気持ちをいつの日か忘れていったからだ。でもそんな気持ちを思い出させてくれたのが弥子・・・そう、匪口の彼女であり誕生日プレゼントの送り相手なのだ。
「桂木の喜びそうなもの──食い物以外で──か。マージで何にしよ・・・。」
思わず首を傾げて頭をかいたその時。
「これ・・・!」
気が付いたら匪口は自身の視線の先にある商品が飾ってある店に歩みを進めていた。



そして三月十日当日。刑事に有名探偵と言う肩書きの二人は、二人と同じ年代の男女のようにそう多くデート出来る訳ではない。
けれど二人は何とかしてデートの時間を作っていたしましてや今日は弥子の誕生日。デートをしないはずがない。
「桂木、あのさ・・・、これ。」
デートも佳境に入り、頬を染め、視線をあらぬ方向に向けながら匪口がおもむろに弥子に差し出したのはもちろん彼女への誕生日プレゼント。
「わぁっ!・・・開けていいですか?」
「あ、ああ・・・。」
可愛らしい包装紙から出て来たのは、これまた可愛らしいピンクの花のネックレス。
「何買っていいか分かんなかったんだけど、さ・・・。何となく目に入って、そしたらその瞬間、それを身に付けてる桂木が頭に浮かんで来て・・・、って俺なに言ってんだ!?」
いつもの飄々とした態度からは考えられないくらい、今の匪口は真っ赤で慌てていて。
そんな匪口が弥子には可愛かった。素敵だった。・・・愛しかった。
「ねぇ、匪口さん。誕生日プレゼントを選ぶ時に何が一番大切か知ってますか?」
ネックレスを付けながら弥子はそう尋ねる。
「?」
「『相手が喜んでくれるかな』とか『相手はどんなものが似合うかな』とか、・・・相手のことを想って、愛しい相手のために買うものを悩む、そんな時間が一番大切なんですよ。──ってあれ、なかなか止まらない・・・。」
匪口は無言でネックレスを止めようと四苦八苦してる弥子の手からネックレスを取り、それを止めた後・・・そのまま弥子を抱きしめた。
「かつらぎ・・・。」
匪口の声はやや掠れていた。
「来年もまた・・・、買うから、プレゼント。」
「はい。」
弥子は匪口を抱きしめ返しにっこりと笑って言った。
「来年もまた、私のために悩んで下さいね?私も匪口さんのために、悩みますから・・・。」
Happy Birth Day To Yako !!!
続きを読む >>
| ネウロ | 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
それでも俺たちは罪を重ねる【利準】
正月話の続きを結局書けなかったので、代わりに夏に書いたのを上げ忘れてたのをアップ。
後書きもその時に書いたものです。

一応、たぶんR16くらいだ思われますのでご注意を。
最中と言うよりは、情事後のピロートーク的な感じです。

…ぶっちゃけ後書きのが(ある意味)ヤバいです(笑)

続きを読む >>
| おお振り | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
初詣【阿榛&利準】
榛名と阿部、利央と準太が普通に恋人同士でらぶらぶしてます。
年齢制限はさっぱりありませんが、BL苦手な方はご注意を。



「あらタカ。もう出掛けるの?」
「まぁな。」
「誰と初詣行くんだっけ?三橋君たち?」
「うん、まあ。・・・いってきます。」
「はい、いってらっしゃい。」
言葉をやや濁したように見えた息子を見送った母親は一人呟く。
「あの言い方・・・、まさか彼女と?」
が、すぐに思い直して「まさかね。」と居間に戻っていった。



母親にそんなことを言われているとは露知らず、隆也は待ち合わせ時刻三十分前には待ち合わせ場所にいた。
「はー・・・、寒ぃ。」
自分は気紛れに遅れて来たり早く来たりするクセに、自分が少しでも待たされると文句を言う。隆也の待ち合わせ相手はそんな相手だから隆也は確実に相手より早く来ざるを得ない。全く理不尽な話だが、隆也はそんなこともう慣れっこになっていた──それが喜ぶべきことなのかどうかはさて置いて。
だが今日は思ったより待たされずに済んだようだ。
「おーい、タカヤ!!」
遥か遠くから大声で自分を呼ぶ声にタカヤは其方に目線をやる。あまりの大声に隆也以外の目線を集めてしまっているが本人は全く気にしてないらしい。
「よし、行くぞ!」
隆也の側に来るなり、相手──元希はそう言った。
本来は出るであろう「待ったか?」とか「早いな。」とか言うような言葉をこの人に期待してはいけない。そう言う言葉は相手への気遣いから出るものだからだ。
「・・・ったく、しょうがねぇな。」
隆也は苦笑しながら隆也の手を引っ張りながらずんずん進む元希の後を付いて行く。
「ほらっ、タカヤ早くっ!」隆也に向かってそう言う元希の顔は酷く嬉しそうで。隆也の手をぎゅっと握って離さないように人ごみを掻き分けて行く。
元希の行動の突飛さにはもう慣れた。そしてどんなに身勝手であっても愛しいと思ってしまえるほど、自分が恋人である元希に惚れてしまっていると言うことも隆也はとっくに自覚していた。



「準サンまだかなー!」
待ち合わせ時刻の三十分前にも関わらず既に待ち合わせ場所にいた男が此処にももう一人。
その容姿でしかも長身である利央は一際目立っており、利央がもう三十分近く其処にいたことに気づいた者もいるかもしれない。
利央の待ち合わせ相手は隆也とは違って、気紛れに早く来たり遅く来たりする人物ではないことは利央だって承知していたが、それでも嬉しさから思わず早く来てしまうのは利央らしいと言える。
待ち合わせ相手──準太は待ち合わせ時刻五分前に現れた。
「あ、準サン!!」
「お前・・・、早ぇな。一体いつから待ってたんだ?」
「ん?三十分前!」
「は!?この寒ぃのにアホじゃねぇ!?」
「ヒッドォー!準さんに会うのが楽しみでちょっと早く来ちゃっただけじゃん!!」
そんな利央のストレートな言葉に思わず準太は「やっぱアホだよ、お前。」と言いながらその頬が寒さのせい以外で赤く染まるのを利央は見逃さなかった。
「んじゃ、行くか。」
「ウンッ!!・・・って、準サン、手。」
利央の前には準太の手が差し出されていた。
「・・・手、冷えただろ、だからだよ。」
「準サンッ・・・!・・・へへっ。」
利央はにかっ、と笑うと準太の手をぎゅっと握った。
「何笑ってんだよ。」
「いいじゃん。ほら、準サン行こっ!」
確かに手から感じる準太の感触に愛を感じながら利央は準太をぐいぐい引っ張って人ごみを進み始めた。


続くかも。続けたいな。
→追記よりあとがき
続きを読む >>
| おお振り | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
2007年阿部誕【榛阿榛】
日時は12月10日。時刻は22時46分。
「眠ぃー…。」
場所は阿部家長男の部屋。
そう呟いたのはもちろんその部屋の主である隆也である。
高校生が就寝するには些か早い時間帯であるかもしれないが、練習の疲労で今にも瞼が閉じそうになる。
これでもいつもよりは就寝時間が遅い方なのだ。
就寝時間がいつもより遅い理由。それは。
「もうちょっとで16、か…。」
元来、記念日と言うものにわりと無頓着である隆也が誕生日パーティーをしてほしいなど思うはずもない。だがいつもより遅く起きていると言うことは少なからず誕生日を意識してしまっていると言う訳で。
その理由を隆也は分かっていた。
分かっているからこそ期待してしまい、それと同時に期待しても仕方ないとも悟っていた。
そもそも隆也の誕生日自体を覚えているか怪しい。
「もう寝るか…。」
ひょっとしたら誕生日を迎えた直後に電話をくれたり、なんて女々しいことを期待しないでもなかったが、相手の性格を考えて期待せずにもう寝ることに決めた。
こっちは高校球児だし、向こうだってそうだし。
その時だった。
ふいに携帯が着信を告げた。
ディスプレイに表示された名前は…。
――榛名元希
思わず顔が綻ぶのが分かった。だが、すぐにその顔は元に戻る。
誕生日は明日だ。今日じゃない。
と言うことは誕生日と全く関係のない電話である可能性が高い。
何の脈絡もなくいきなり電話して来るなんていつものことだ。
とりあえず早く電話を取らなければ文句を言われるのは間違いないだろう――もう遅いかもしれないが。

隆也はようやく通話ボタンを押した。
「遅ぇ!」
案の定開口一番そう言われた。
「もう切ろうかと思ったんだぞ!!」
「俺ももう寝る所だったんですよ、元希さん。」
「俺だってそうだ!なのに隆也が早く出ねぇから!」
いつもの事だがなんて理不尽な言い様だ。だがこれくらいのことでいちいち言い返してもきりがないのを隆也はよく分かっている。
「すみませんね。で、何の用ですか?」
そう言われてやっと用件を思い出したのだろう。
そうだった、と呟くのが聞こえた。
「誕生日おめでとう、隆也!!」
「は?」
「だから!明日!誕生日だろ、お前の。」
確かにそうだ。隆也の誕生日は今日ではなく明日だ。だが元希は得意気に続ける。
「だから誰より先におめでとうって言ってやろうと思って!」
呆れて物が言えなかった隆也であったがその言葉を聞いた瞬間、胸がいっぱいになるのが分かった。
『誰よりも早く』。真っ先におめでとうと言いたいと思ってくれたんだとそう思うだけで嬉しかった。
「だからって、せめて12時まで待つとか…。」
つい嬉しさを隠して隆也はそう言ってしまう。
「だって眠ぃーもん。
そんな身勝手さは相変わらずだが今はただ、その気持ちだけで嬉しかった。
「じゃあ、俺もう寝っから。あと明日10時にいつものコンビニ集合な!そんくらいならもう部活終わってんだろ?」
「え…、は!?」
「じゃーなー。」
だが時は既に遅し。電話はもう切れてしまっていた。
おそらく明日祝ってくれる気なのだろう。それは分かる。
けれどなんでああ身勝手なのか。
しかしどんなに身勝手であっても、元希を好きだと言う気持ちは変わりないから。
そしてどんなに身勝手であろうと感じざるをえない。
(ああ、俺って愛されてる。)


ーーー
追記よりあとがき
続きを読む >>
| おお振り | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
2007年利央誕【利準】
利央誕小説です。
別にあれなシーンも描写もありませんが、ナチュラルにBLなので一応ご注意を。
別にそこまであれでないので、(BLが嫌いな人じゃなければ)わりと普通に読めるかと。
ただほのぼのカップルが書きたかっただけ。
ちなみに既に準さんと利央はデキてる設定。





「はぁー…。」
時は0時…、5分前。
部屋の中で一人ため息をつくのは、多感な年頃の少年。
原因はもちろん、昼間の想い人の言葉。

「準さぁーん。」
「何だよ。」
「明日がなんの日か知ってる?」
「明日…?なんだよ、いきなり。」
「いーからっ!答えてよォ〜。」
「ったく、分かったよ…。ん〜っと、あ!」
「思い出した!?」
「ロシア10月革命が成立した日。」
「なにそれ!?」
「この前授業で言ってた。」
「違うよォ!!も、もっと身近な感じなっ!!」
「身近ァ?世界史じゃなくて日本史か?」
「もういいです…。」

「準さん、本当に忘れてるのかなぁ…。」
そう独り言を言ってみても心は満たされない。
結局これほどまでに相手を想ってるのは自分だけではないかと、時々思ってしまう。
素直に感情を出す人じゃない。けれど確かに自分を愛してくれてると信じているはずなのに、それでも相手の愛を疑ってしまう自分が嫌で。
その時、携帯がいきなり着信を告げた。
「メール…っ!?もしかして、準さ、…。」

『time:2007/11/07 00:00
from:和さん
title:誕生日おめでとう!

誕生日おめでとう、利央!
野球はもちろん、勉強も頑張るんだぞ!
(赤点は取らないように!)


そこで、いつの間にか誕生日を迎えていたことに利央は気づいた。
「和さん…。ありがとぉ、嬉しい、嬉しいけどぉ…!!」
確かに嬉しいことには変わらない。だがやはり、期待していた人からのものではないことにやや落胆してしまうのは仕方ない。
「とりあえず和さんに返信しよ…。」
するとまたもや着信音が室内に鳴り響いた。
「何だろ〜。和さん、なにか言い忘れ〜?」
しかしいつまで経っても着信音は鳴り止まない。
それにようやく気づいたのは着信音が鳴り始めて30秒も経った頃だった。
「…ってこれ電話の着信音じゃんっ!!ヤバっ…!!」
ディスプレイも確認せずに慌てて携帯を掴み、通話ボタンを押す。
「モ、モシモシッ!?」
「遅ぇ。」
電話口から聞こえて来たのは、待ちわびていた愛しき人の声。
「じゅ、準さん!?どーして…。」
「誕生日…おめでと。そんだけ。じゃあな。」
一言だけそう言って、すぐに電話を切ろうとする準太を利央は慌てて引き止める。
「ちょ、ちょっと待ってよ準さんっ!!」
「何だよ。明日、朝練あるだろ。」
「ちょっとだけ!ちょっとだけだから!!誕生日、覚えててくれたんだ…。」
利央の顔は自然に綻んでいた。
「…当たり前だろ。じゃあ、オヤスミ。」
「うんっ、オヤスミ!!」
素直に感情を出す人じゃな
い。けれど確かに…。
(ああ、やっぱり愛されてる!)



→追記よりあとがき。


続きを読む >>
| おお振り | 15:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
オレは知らない【榛阿】
ハルアベで戸田北(シニア)時代です。
女性向け大人向けなので苦手な方は決して読まないで下さい。
特に私のオフ友は絶対読まないで下さい。
苦手な方・オフ友はここで読むのを止めて下さいね?





一応R18としておきますがたぶんR16並みのヌルさだと思うんだ。たぶん。
(て言うか基準がよく分からない。)




ご了承頂けましたら追記からどうぞ。


続きを読む >>
| おお振り | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
俺たちの野球 お前らの野球 【島準】
西浦VS桐青後の桐青、と言うか準さんと慎吾さん。
なのでコミックス8巻orアニメネタバレあります。
(試合結果知らない方は見ないで下さいね。)
余談ですが、昨日は慎吾さんの誕生日でしたね。(『日常的』の方では祝いましたが。)
おめでとー、慎吾さん!!

続きを読む >>
| おお振り | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
どうしても血に塗れなくてはならないのか【沖神】
side Okita

「どう、したアル、か。」
全くツイてない。
どうして出会ってしまうのか。
「どうって仕事帰りでさァ。」
出来ればこんな姿なんか見られたくなかったのに。
「仕事ってヤバい仕事アルか・・・?」
「何言ってんでィ。真撰組の仕事に決まってまさァ。」
そう。真撰組は武装警察。
警護や交通取締りも仕事の内なら、粛清も仕事の内。
「・・・そう、アルか。」
こんな姿の俺を見て、チャイナは何て思っただろう。
ああ、全くツイてない。

---
side Kagura
「どう、したアル、か。」
朝の散歩をしていたら、どうにも血なまぐさい匂いがした。
ふと前を見たらよく見知ってる顔があって。
「どうって仕事帰りでさァ。」
そう言うサドの隊服は血まみれで。
本人はこれと言って痛がる様子を見せてないから、おそらくそれは返り血。
「仕事ってヤバい仕事アルか・・・?」
「何言ってんでィ。真撰組の仕事に決まってまさァ。」
その姿は、かつての自分を思い出させて。
「・・・そう、アルか。」
なんだか酷く悲しかった。

続きを読む >>
| 銀魂 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
I want to meet you ! 【ヒヤコ】
=警視庁の廊下にて=

「笹塚さんっ!」
「匪口・・・、何?」
「この前の事件で桂木と会ったって本当?」
「・・・まあね。」
「やっぱ刑事課の方が一緒に捜査する機会多いもんなー。俺ネットカフェ(街)で会ったキリだから。」
「会ってないのか?」
「メールや電話はしてるけどさ。」
「ふーん。会いに行けば?」
「そうしたいのは山々だけど、今仕事が忙しくて。最近流行ってるウィルスあるじゃん?あれがちょっとだけ厄介でさ。」
「へぇ。」
「会いたいなー、桂木に・・・。」
「コラァ、ヒグチ!サボってないで早く仕事に戻れェ!!」
「げっ、笛吹さんっ!・・・じゃ、じゃねー笹塚さん!」
「・・・ゆっくり見守ってやるか、アイツと弥子ちゃんの仲を。」
続きを読む >>
| ネウロ | 06:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
もしも もしも 【BLACK LAGOON】
別ブログに載せていた作品を転載。
ちょうどブラクラを一気に視聴した後に書いた作品です。
双子編ラスト関連の、一応詩・・・みたいなもの。
一部本編の台詞引用ありでネタバレあり。

続きを読む >>
| その他 | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP