単語から、言葉から、生み出される・・・それが物語。。

二次作品を中心とした、詩やSS(と言っていいのか分からないほど短いもの)、会話集を載せていきたいと思います。
基本的に散文詩やフレーズが多いです。
あと描写なしの会話だけの文とか。
ちゃんとした(?)小説はサイト『蒼流夜音』で公開してますので、よろしければいらっしゃって下さいね。

プロフィールのところにこのブログの簡単な説明がありますので、よければご覧下さい。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< そこには俺の知らないアンタがいた。【榛阿】 | main | 展開予想・・・、もとい妄想会話三連発【榛阿榛】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
サイコーの投手。【榛阿榛】
一応今月の本誌ネタバレになるのかな・・・?

本誌があまりにあれだったので思わずトキメきを書き殴ってみた。ので、推敲もしてなくてクオリティに自信はないですが。

榛名と阿部好きの同士の方は是非。

「榛名っ・・・!」
何とかアイツと振り向かせたくて、アイツと話をしたくて必死に呼びかけるが、武蔵野のエースである榛名を称える声があまりにも大きくて、俺の声なんてあっという間にかき消されてしまう。
遠くでチームメイトが榛名に呼びかける声が断片的に聞こえて来る。
「榛名・・・たな!」
「榛名・・・・・・たよ!」
「だけど・・・・・・榛名!」
今の榛名には、今のチームメイトの声しか耳に入らないのか。所詮俺、過去の存在なのか・・・?あの時は、あんなに俺と話したがってたクセに。ウザいくらいタカヤタカヤって球場で喚いてたクセに。
その時俺の脳裏に浮かんだ考え。俺だけに許された特権。この歓声の中でもアイツを振り向かせることが出来る唯一の方法。それを口に出したら昔の気持ちが溢れ出してしまいそうで避けていた呼び方。
「元希さん・・・っ!!」
叫びにも似た声でそう呼びかけると、アイツはふっと俺の方をキョロキョロ見回しついに、俺と目があった。
「タカヤ・・・?」
元希さん元希さん元希さん。俺にとってやっぱりアンタは・・・。

【サイコーの投手。】

---
今の阿部に元希さんと呼ばせ隊。

ハルアベを書くとどうしても三橋の扱いがヒドくなる・・・。ごめん三橋。
展開的に武蔵野が勝ったみたいになった。いや、それは嬉しいんだけど、ARC何かごめん。・・・ってか試合決着はいつになるんでしょうね〜。

そして、上手いこと行くと榛名誕辺りにちょうどめちゃめちゃハルアベ展開になりそうなんですが!!ちょ、それ何てファンサービス!?(違)
ああ戸田北オンリー行きたい!!絶対類を見ない盛り上がりを見せるよ!!

とりあえずハルアベ好きだ好きすぎる。榛名と阿部がいればもう幸せ。てか、ここ最近本編に榛名がいる状態に慣れてしまったから出番終わったら私はどうなるか・・・。
とりあえず今は幸せに浸るとしよう。
戸田北大好き!早く本編で榛名と阿部が和解して阿部が「元希さん」って呼びますよーに!
| おお振り | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaori28.jugem.jp/trackback/18
トラックバック