単語から、言葉から、生み出される・・・それが物語。。

二次作品を中心とした、詩やSS(と言っていいのか分からないほど短いもの)、会話集を載せていきたいと思います。
基本的に散文詩やフレーズが多いです。
あと描写なしの会話だけの文とか。
ちゃんとした(?)小説はサイト『蒼流夜音』で公開してますので、よろしければいらっしゃって下さいね。

プロフィールのところにこのブログの簡単な説明がありますので、よければご覧下さい。
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 解毒剤なんて存在しない【榛阿】 | main | サイコーの投手。【榛阿榛】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
そこには俺の知らないアンタがいた。【榛阿】
ハルアベです。
今月のアフタネタバレあり。
そしていつも通りあとがきのが長い(笑)
「初回から・・・、ってなんだよ・・・!」
テレビの中の榛名の真剣な表情が目に入って来る。なんでそんな真剣な表情で投げてんだよ。なんでそんなに勝ちたそうな顔してんだよ。俺はもう、アンタの目の前には座っちゃいないのに・・・。
「元希さん・・・・・・?」
自然とアイツの名前が口から出ていた。そんな俺の声は掠れていて。
テレビに映っているピッチャーは間違いなく、榛名元希と言う俺の知っている男のはずなのに、その顔は、その目は、俺の知っている榛名じゃなかった。そんなアンタ、知らない。アンタ、誰だよ・・・。
「元希さん・・・・・・!」
いつの間にか俺の頬は濡れていた。

---
情景描写が苦手っスー。特に風景描写が。会話と心情をざくざく書いてく方が楽。まあ苦手でも情景描写が全くなかったらなかったで気持ち悪いし、書くのが楽しくない訳でもないんだけど。

とりあえず私の妄想を詰め込んでみた。
^ど瑤榛名が初回から投げてる時の驚愕と寂しさと切なさを書きたかった。(原作で書かれる前に。)
何だかんだで榛名に未練たらたらの阿部を書きたかった。(アベ→←ハル的な。)
今の阿部に「元希さん」と呼ばせたかった。

一応原作沿いを目指してみたけど途中から完全にハルアベフィルターがかかりました・・・。それがハルアベ好きの性。

この後阿部はいてもたってもいられなくなって榛名にメールか電話をするといいと思います。(阿部が練習後、試合の録画を観ていると言う前提で。)
その時ちょっと思ったんだけど、メールの場合、アド変を教えてなかったりして連絡がつかなかったらどうしようとか思ったけど榛名も阿部も性格的にマメにアド変とかしなさそうだと思った(笑)めんどくさがって絶対最初に設定したままだよ!!
・・・と言うか、アド変って男より女の子の方がよくしそうなイメージ。どうなんでしょう?まあ男子でもアド変する奴はしてたけど・・・。
ちなみに私はアド変一回もしてませんwだって、ド●モって一斉送信が五人までしか出来ないんだもん。100件以上登録した時点でめんどくさくてやってられるか!となりましたww
それと、送れなかったらショックよねwまあああ言うのはメモリ順か名前順に一斉送信だからアド変だけは送って来てくれる人多いけど。・・・って話反れた。

まあとにかく最近ハルアベハル熱が熱いです!ハルアベもアベハルも大好き!!早く原作で和解してくれないかな〜と願いつつ、妄想をする日々です・・・v
| おお振り | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:05 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaori28.jugem.jp/trackback/17
トラックバック