単語から、言葉から、生み出される・・・それが物語。。

二次作品を中心とした、詩やSS(と言っていいのか分からないほど短いもの)、会話集を載せていきたいと思います。
基本的に散文詩やフレーズが多いです。
あと描写なしの会話だけの文とか。
ちゃんとした(?)小説はサイト『蒼流夜音』で公開してますので、よろしければいらっしゃって下さいね。

プロフィールのところにこのブログの簡単な説明がありますので、よければご覧下さい。
CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< サイト更新(世界で一番、大キライ On April 1th【榛阿榛】) | main | 惚気【ヒヤコ】 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
言うことのできない、叫び【榛阿】
「日常的〜」で書いた通り、ハルアベMAD観てたらハルアベ熱が上がって来たのでSS。
SSとさえ言えないほど短いですが!!

一応びーえる最中なのでオフ友&ピュアハートの方は読まないで下さいね?




「っ・・・!もと、き、さん・・・!」
今日の元希さんは荒れていた。と言うより、会った時からおかしかった。ろくに喋ろうともしなかったし、オレがちゃんと話しかける間もなく俺はベッドに押し倒された。
「も、とき、さん・・・?」
いつもならあるキスや前戯は一切なし。かろうじて慣らしてはくれたが、その間も一言も喋らなかった。
「んっ・・・、あ・・・、ぁっ、・・・もっ・・・、とき、さん・・・?」
あまりの激しさに、意識を飛ばしそうになる。そう、まるで快楽だけを貪るような、そんな抱き方。
けれど、繋がった部分から確かに伝わって来たのは、彼の苦しみ。助けてほしいと言う、彼の、叫び。
「・・・っ!タカ、ヤ・・・ッ!」
そうオレの名を口にする元希さんの声は心なしか震えていて。
辛くて、苦しいのに口に出すことの出来ない、荒い抱き方は、どことなくシニア時代の元希さんを思い出させた。

---
学校で何かあった榛名だけど、素直に弱さを口に出すことはできなくて、快楽で誤魔化そうとする。けどもちろん阿部はそれを察して、ただ何も言わずにそれを受け止める、
・・・ってのを書きたかったはずなんですけどね。
なんか書けてないよね?書けてないよね!?
いいんです、ここは思いついたままに書き散らかす所なんですから!・・・と開き直り(爆)
しかし描写は恥ずかしくてあんまり書けないよ・・・!
| おお振り | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kaori28.jugem.jp/trackback/14
トラックバック