単語から、言葉から、生み出される・・・それが物語。。

二次作品を中心とした、詩やSS(と言っていいのか分からないほど短いもの)、会話集を載せていきたいと思います。
基本的に散文詩やフレーズが多いです。
あと描写なしの会話だけの文とか。
ちゃんとした(?)小説はサイト『蒼流夜音』で公開してますので、よろしければいらっしゃって下さいね。

プロフィールのところにこのブログの簡単な説明がありますので、よければご覧下さい。
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | ↑PAGE TOP
気分はイチゴミルク?【臨静?】
ちゅーしてるけどそんなにエロくない。一応臨静だけど、あんまえりびーえる的でもないかも…。

---

 某月某日、夕方。池袋のとある路地裏に二つの影が浮かび上がっていた。黒髪の青年が金髪の青年に壁に押し付けられ、今にも殴られそうになっていると言うのに、それを止める者は誰もいない。その理由は人々が足早に帰路への道を辿っており二人の存在に気がつかないためか、黒髪の青年が折原臨也であり金髪の青年が平和島静雄であるためか。
「もう逃がさねぇぞ、いーざーや君よぉー」
「見逃してよ、シズちゃん」
「見逃す訳ないだろぉ?」
「…やっぱり?」
 いつも通り静雄の追撃に逃げ回っていた臨也だったが、どう言う訳か今日は油断してしまった。捕まったその瞬間が最後かと思いきや、静雄も追撃に夢中で捕まえた後のことはよく考えていなかったらしい。静雄の表情からそれを読み取った臨也は、打開案を見つけるまで会話で少しでも時間を稼ぐことにする。
「ところでシズちゃんさあ」
「あ?」
「本当に俺は殺してもいい訳?」
「手前は俺の言葉が分からねぇのか?普段から殺すってわざわざ宣言してやってるよなあ?」
「そうだけど本当に俺を殺しちゃったら、シズちゃんは逮捕されちゃう訳でしょ。それって周りの人にすっごい迷惑かけちゃうんじゃないかなあ。特にほら、シズちゃんの上司の田中トムって言ったっけ。中学時代からすごーく世話になってるんでしょ?」
「…!」
 それが臨也の策略だと分かっていながらも、世話になったトムのことを考えて、義理固い静雄は一瞬フリーズしてしまった。臨也はその隙を見逃さなかった。とは言っても、両腕はがっちりと静雄にホールドされてしまっているため、使えない。腕を使わずに逃げ出せるほどの隙を作るには──
「……!?」
 臨也は上半身を突き出すと、俯きがちにフリーズしている静雄の唇目がけて己の唇を押し当てる。唇が唇を捕えたら今度はすかさず己の舌を挿入し…。
──今だ。
 動揺で思わず静雄の力が緩んだのを確認すると、右足を静雄に向かって振り上げる。普段ならこれも抑え込まれてしまうだろうが、動揺している今の静雄にその余裕はなく、臨也の攻撃で呆気なく地面に倒れ込んだ。
「っ…!いっ、臨也手前一体どう言うつもり……!」
「あれ、甘い。シズちゃん何食べたの。まさかまたイチゴミルクのシェーク?好きだねー」
 静雄の疑問に答える気など毛頭ないと言った様子で、未だに倒れ込んだままの静雄を見下ろしながら臨也はペロっと舌舐めずりをする。
「ま、美味しかったよ。じゃあねー、シズちゃん!」
 茫然とする静雄をそのままにしてその場を去る臨也。
──どう言うつもりかって?そんなの、逃げるために決まってるだろ?それ以外の意味がある訳……。
 そう内心で呟きながら、自身の頬が紅潮していることに臨也は気がついていない。それはキスの余韻のためか、はたまた……。

続きを読む >>
| デュラララ!! | 22:01 | - | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
もしもシズちゃんがチャットルームに参加したら
 シズちゃんがチャットルームに参加したら・・・と言う妄想から出たSSです!チャットルームのみ!なるべく文体近づけたつもりですが、やっぱり難しいですねw
 尚、4巻までのネタバレがありますのでご注意を。
 




続きを読む >>
| デュラララ!! | 20:30 | - | - | - | - | ↑PAGE TOP